SDL-HD
  • HOME »
  • 代表挨拶

 

 国内外において大きな変革への胎動が起き始めた1968(昭和43)年の春、当社は北の大地・札幌に産声をあげました。
  当時、歯科の世界にはまだ徒弟制度の名残が色濃く残っており、歯科技工士は歯科医師の下請けに近い存在でしたが、創業者の故・関口清は「医療は患者のためにある。患者の立場に立って考え創ろう」をスローガンに志と想いを高く掲げて会社を立ち上げ、以降、歯科技工業のプロフェッショナル集団としての組織を構築してまいりました。
  そして今年は新たに、今、この時、全力で、未来に向けて、「夢・豊かで楽しい人生」をビジョンに掲げ、歯科技工を通じて道民のQOL向上に貢献する所存であります。
img_president
私たちのミッション  
 私達のグループは、歯科医師・歯科衛生士そして歯科技工士の技術者集団です。また、歯科医院との架け橋として信用を担う営業、総務を含む全社員が「経営陣」「従業員」等の枠を作らずに運命共同体として存在する仲間・同志であります。 人は財産である、という理念に基づいてお互いに尊重し合い、自由闊達にものが言える社風とチャレンジ精神、異質も受け入れる企業文化を築き、一人一人の個性・能力が渾然一体となって発揮される会社を形作ります。この土壌から、「患者さんのために」という明確なミッション下、ホスピタリティマインドに溢れた製品、即ち札幌デンタルカラーの製品を生み出し、歯科医院を通じて患者さんに「笑顔と感動」をお届けします。  
生かされて、生きる  

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社札幌デンタル・ラボラトリー All Rights Reserved.